【格安コンタクトレンズ】JINS 1DAYコンタクトレンズって実際どうなの?

更新をさぼりたいノボチ/オニトヨの孫です!

今回の記事に選んだのはJINSのコンタクトレンズです。
いわゆる格安コンタクトレンズに該当するもので、無料トライアルをやっていたので試してみることにしました。

この記事では私が普段使用しているボシュロムのメダリストワンデープラスとJINSのコンタクトレンズを比較させていただきたいと思います。

今回はレビュー動画はありませんが、YouTubeのチャンネル登録お願いします。

JINS 1DAYコンタクトレンズについて

JINS 1DAYコンタクトレンズについて、JINSのホームページ参考に説明します。

JINS 1DAY は快適なつけ心地、続くみずみずしさ、つかみやすく着脱しやすい形状。
瞳にフィットするように設計されたワンデーコンタクトレンズらしいです。

特徴は3つです。
① 保存液にヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つMPCポリマーを配合。
②レンズの潤いを逃さず、1日中快適なつけごこちを実現。
③UV吸収剤を配合しているため、紫外線から瞳を守る。

商品名JINS 1DAY
装用スケジュール終日装用
ベースカーブ(BC)8.7mm
直径(DIA)14.2mm
度数(PWR)-0.50D ~ -6.00D(0.25step) -6.50D ~ -12.00D(0.50step)
含水率58%
レンズデザイン非球面
酸素透過係数(Dk値) 19.73 x10-11 (cm2/sec)(mlO2/(ml x mmHg) ± 20%
酸素透過率(Dk/L値) 24.66 x10-9 (cm/sec)(mlO2/(ml x mmHg) ± 20% @ -3.00D
UVカットあり※1
中心厚0.08mm※-3.00Dの場合
材質2-HEMA
分類グループⅣ(イオン性)
承認番号22800BZI00037A15
※1紫外線吸収率:ISO18369-3:2006による
UV-A波:吸収率:50%以上
UV-B波:吸収率:95%以上
(※頂点屈折力-3.00D の場合)


ボシュロム メダリスト ワンデープラスについて

メダリスト ワンデープラスについて、のホームページ参考に説明します。

特徴はこちらも3つです。
①非球面デザイン採用による細部までシャープで、コントラストも鮮やかなHD品質の視界。
②「コンフォート モイスト テクノロジー®」で、涙のうるおいが夜まで続く。
③毎日のつけはずしが簡単、携帯にも便利な容器。

項目(パッケージ表示)仕様
矯正種別近視/遠視用
装用終日装用
交換期間1日
グループ分類グループII
含水率59%
レンズカラー ライトブルー
直径(DIA)14.2mm
中心厚0.09mm (-3.00D)
ベースカーブ(BC)8.6mm
度数範囲(PWR(F’v))-0.25D~-6.50D(0.25Dステップ)
-7.00D~-9.00D(0.50Dステップ)
+0.25D~+5.00D(0.25Dステップ)
価格オープン価格
枚数(1箱)30枚(片眼用約1ヵ月分)


製品比較

JINS 1DAYコンタクトレンズとメダリスト ワンデープラスを価格と使用感の2つで比較してみたました。
*使用感は個人差があります。

サイズはあんまり変わらないです!

1.価格

JINS 1DAYコンタクトレンズは1,800円+税/30枚、両目で約4000円です。

それに対して

メダリスト ワンデープラスは2,480円(税込)/30枚なので、両目で4960円(税込)となる為

価格差は約1000円程度あります。

この価格差は約1000円は12ヶ月で12,000円もの差額が発生するので、メダリスト ワンデープラスの方が若干ですが割高感があります。
2.使用感

JINS 1DAYコンタクトレンズを実際に使用してみた感想は、少しだけゴロゴロします。

別に何か目に入ってるわけでもなく、裏面でつけてるわけでもないので、目薬を点しても効果が薄いのでかなり辛かったです。仕事柄PC画面を長時間見続けるので、合わなかったのかもしれないです。

私は再度購入することはないです。*使用感には個人差があります。

一方で

メダリスト ワンデープラスの使用感は、こちらもPC画面を長時間見続けてていましたが、毎日使用しているのもあるので特に違和感はありませんでした。
*使用感には個人差があります。

総評

両製品の比較をして個人的に思うことは、JINS 1DAYコンタクトレンズはコンタクトを毎日使用することがない人や、価格を安く済ませたい人向けのコンタクトレンズだということです。

コンタクトレンズは目に入れるものなので、実際に使用してみて選ぶのが重要です。
値段が高いコンタクトレンズは使用したことがないので、次に買い換える際には値段が高いコンタクトレンズも使用してみようと思います。

オニトヨの孫Blogを読んでくださっている方々には「感謝します。」

できればTwitterのフォローやYouTubeのチャンネル登録もお願いいたします。

ノボチ/オニトヨの孫

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です