【格安SIM】LINEモバイルを1年半使用して感じたことを率直レビュー

外出をしなくなってしまったノボチ/オニトヨの孫です。

今回は動画でのレビューはありません(笑)

今回はLINEモバイルを1年半使用した感想を本音で徹底的にレビューしたいと思います。
*筆者は現在メイン機のスマホを大手携帯会社で契約しています。

サブ機のスマホに挿す格安SIMを求めてLINEモバイルと契約していました。

エントリーパッケージを買うと安く登録できます!

LINEモバイルとは

LINEモバイルの特徴は、LINEがデータ消費なしで使えるのに加えて、オプションで月280円払うことで、Twitter、Facebookがデータ消費なし、さらに200円追加すればインスタグラムとLINE MUSICをデータ消費なしで使えることです。

LINEの年齢認証もできるので、他の格安SIMではできないLINEのID検索ができます。
事実この機能が使用できるのが一番便利だと思っている!

LINEモバイルは使えるのか

LINEモバイルでも使えるよと言う人は一定数いると思います。

LINEモバイルなら格安SIMの中でも普通の通信速度です。通信速度は普通なので他の物に比べると選択肢に入れる理由もないです。しかし、オプションでTwitter、Facebook、インスタが通信消費なしで使用可能です。

安さ最重視の人やSNS系アプリをたくさん使う人はLINEモバイルを使用していると思います。

※ 筆者はオプションなしで使用していますが……….。

メリット

・LINEがデータ消費なしに使える 
・オプションでTwitter/Facebook/インスタグラムをデータ消費なしで使用可能
・LINE年齢認証ができるのでLINEのID検索が可能

デメリット

・データSIMでも解約手数料が1000円必要
・SNS系アプリでもデータを消費する場合がある
・問合せの電話が有料(22.5秒ごとに10円)
・SNS系アプリを使用しすぎると速度制限がかかる

費用と支払い方法

・初期費用登録事務手数料:3000円
・SIMカード発行手数料:400円

*LINEモバイルで格安スマホを購入した場合は、端末代金が別途必要になります。

・通話SIMの料金普通で電話をかける場合は通話料金が30秒20円
・いつでも電話を使用すると通話料金が30秒10円
・10分電話かけ放題:月880円で国内通話が10分かけ放題
 *1回の通話が10分を超過した場合は超過後の通話料金が30秒10円
・留守番電話:月300円

・解約事務手数料:1000円
 (データSIMの場合も解約手数料がかかります。)

・LINEモバイルから他社へMNPする場合はMNP転出手数料:3000円

・SIMカード再発行/サイズの変更/交換 3000円

・料金の支払い方法
 LINEモバイルはクレジットカードの他に、LINE PayカードとLINE Payでも支払うことが可 能です。*LINE Payはクレジットカードの登録が必要になります。

メリット・デメリットの詳細

LINEモバイルのすべてのプランで、LINEをデータ消費なしで使用することができます。

トークで動画を送信する場合、データをかなり使用します。

LINEモバイルならデータ消費なしで動画を送れます。相手から送られてきた動画付きのトークもデータ消費なしで見れます。

また、LINEモバイルはLINEの無料通話もデータ消費なしで使用できます。
さらに、LINEモバイルならビデオ通話もデータ消費なしになります。

ですが、LINEのカウントフリーには注意が必要です。

LINEのカウントフリーは、トーク(文字/音声/動画)やタイムラインでのデータ消費無しで使うことができます。しかしデータを消費することもあります。

それは外部リンク、Facebook Live(ライブ動画)、Messenger、Twitterのライブ動画(Periscope)、インスタグラムのライブ動画などを閲覧する場合です。

また、データフリーを使用しすぎると200kbpsの速度制限になるので、注意が必要になってきます。

LINEモバイルはLINEがデータ消費なし、オプションに加入するとTwitter、Facebook、インスタグラムがデータ消費なしになりますが、データ消費なしのアプリを使用しすぎると200kbpsの速度制限になります。

このLINEモバイルで一番便利なのが年齢認証が可能になることです。

LINEの年齢認証ができると、LINEでID検索ができるようになります。自分のLINE IDを友達が検索して追加できたり、友達のLINE IDを検索して追加できるようになります。

他の格安SIMだと、年齢認証をクリアできないのでID検索ができません。

問合せ電話が有料なので困った時にお金がかかります。(サポートセンターにはお金がかかるのでしょうがないとは思うが……..)

なので、LINEモバイルへの問合せ電話は有料になっています。

LINEのトークを使った「いつでもヘルプ」というのがあります。
試してみましたが、まったく役に立ちませんでした。

総評

大手携帯会社と比較してLINEモバイルの評価できる点は、下記になります。

通常プランがLINEがデータ消費なし、月280円のSNSデータフリーに加入するとTwitterとFacebookがデータ消費なし、月480円のSNS音楽データフリーに加入すれば更にインスタグラムとLINE MUSICがデータ消費なしで使用できる点。

また、LINEモバイルならLINE年齢認証ができるのでID検索を使うことができる点。
LINEのID検索ができるのは、格安SIMではLINEモバイルだけ。

LINEモバイルはSNS系アプリをたくさん使う場合に一番おすすめの格安SIMです。

ただ、最近楽天モバイルが20GBで1980円のプランを出すと報道されていたので、多くデータを使いたい方は楽天モバイルをおすすめしておきます(笑)

楽天モバイルの回し者ではありません!

YouTubeでゲーム実況もやりたいですが、そんなに喋ることないので無言配信にしようかと………

ブログは頑張って更新するので、ぜひブックマークお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ノボチ/オニトヨの孫

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です